石巻うまいものマルシェ
水月堂物産 株式会社
看板商品の珍味・ほや酔明
約30年、新幹線に毎日「乗車」


東北新幹線の車内ワゴンでおなじみのほや珍味「ほや酔明」。
「あの、オレンジ色の箱の…」とピンと来る方も多いはず。その製造、販売元が水月堂物産だ。東北新幹線開業に合わせて発売し、約30年間、毎日新幹線に“乗車”している同社の看板商品。
「発売以来ほとんど変わらないパッケージは、開発者でもあるうちの社長のデザイン。今は一周回ってレトロな雰囲気になりました」と阿部壮達常務が笑う。水月堂の原点といえるほや加工品。最近では「ほやオリーブオイル漬け」「チーズほや」といった新顔もぞくぞく登場している。
 地元石巻では小女子の佃煮も有名。新物シーズンの3、4月になると、「水月堂の佃煮」は鉄板のおつかいものとして出回る。おいしさの理由は「スピード感と素材の目利き」と阿部常務。朝一番に水揚げされた良質な生小女子を、その日の午前8時には釜入れ。小女子の微妙な大きさの違いや、ベストな「炊きあがりの色」を熟練の職人たちが見極め、柔らかく、旨味の濃い佃煮に仕上げる。ASATTE内のマルシェにも、もちろんラインアップ。「毎日食べてほしい」との思いから、お手頃価格の少量タイプも登場する。

水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


「ニーズに合わせた新商品の開発にも力を入れたい」と阿部常務。

水月堂物産 株式会社


水月堂物産 株式会社


ほや粋明
東北新幹線の車内販売でもおなじみ。
新鮮なほやを独自のタレに漬け込み、乾燥珍味に。
ほやの旨味が凝縮されていて、お酒が進みます。発売から30年以上のロングセラー商品。

水月堂物産 株式会社


小女子佃煮
お刺身でも食べられるほど新鮮な生小女子をその日のうちに釜炊き。
あつあつご飯はもちろん、塩分控えめなのでお茶請けにもぴったりです。
マルシェではお求めやすい小分けパックも販売。

〒986-2103 宮城県石巻市流留字沖1−50
TEL:0225-97-5225
FAX:0225-97-3690
http://www.suigetsudo.jp/


     

ページトップへ